QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ツカモト トモコ
ツカモト トモコ
店長情報 › 美辞麗句がなくて、きらびやかな言葉がなくて、ただ最も真実な記録だけがあります

2020年09月21日

たくさんの星をかきあげると,思いが火のようになる

夜は、とにかく一人で、いつもと変わらない。紺色の夜空には漆黒の夢が入っていて、どれだけ奇抜な考えがあるのか、霊感のタッチペンを撫でていた。感慨の歳月の中でいつも多くの裏切りがあって、逃げられなくても避けられない現実の裏側で、まるで夜が更けても明かりがついている部屋のようで、これは世界に忘れられた隅で、誰も一人の感情の起伏の変化に関心を持っていません。

私は逃げたいので、誰も知らないまで逃げて、私は忘れたいので、自分も忘れます。夜は悲痛な保護色で、私は自分を夜の色にしたいと思っています。もし私が自分が誰なのかを忘れたら、时間の密航客になれるのではないでしょうか。

部屋の明かりが灯っていて、私は自分を耳の中でよく知っている歌に変えました。音符ごとに楽しいです。ピアノの鍵の上で冷たくて高貴なダンスを踊っていて、これ以上人を恨んではいけません。誰が運命を操る手ですか。ヴァイオリンが節湊を引っ張り、ロングヘアの美女の肩越しに盛り上がった。G長調の咆哮であろうと、金属楽の殺し合いであろうと。太鼓の点は馬のひづめの音のように血の中を突撃し,呼吸に続いて陣を陥れた。

一曲の秋風が吟じ、琵琶がいななく鳴り、高山が流れ、琴の音が知音を探している。空谷には阙の音があり、情意が天に達している。二胡が鳴ると焼酎が二両もあり、歳月だけを教えてほろ酔いになり、共に情念で杯を上げる。酔看繁华凋落、谁の心を失ったかを问わず、谁が残情を拾って、かつてを忘れられない。

夜に本を読んで、冷たい風の中に相思があることを読んで、この情は月のように澄んでいて、この心は月を守る夜のように、幸福はこれまで愚かな月を眺めていたことがなくて、一人を懐かしむ时だけ、天上の月を凝視することができます。恩愛はこれまで寂しくて孤独な色ではなく、誰もいないときだけ、眠れない夜になった。

今夜の寒光は何度があって、寒い人の情は无数で、1段の出会いは何歩歩くことができて、数えてみるとすべて痛みになりました。私は夕暮れが惜しいことを知らないと言って、逃して、また夜の中で思い出します。

この世の中の縁はこれまで偶然出会ったことがなくて、ただその时の心はその时の情の意味を知らないで、逃してからやっと知っているかもしれなくて、あの心の中に入った人は二度と忘れられなくて、思い出は文になって、1段の情の記憶を書いています。私は情史を読んでいると、破れた局のように、感情的には誰も負けていないが、いつから自分を失ったのか分からない。

この物事を処理する人の万千の道理は、すべて1つの"私はあなたを爱します"に及ばないで、この変化の計り知れない感情の関系も、1つの"申し訳ありません"を補うことができません。ごめんなさいは愛のせいかもしれません。あるいは爱自体が欠損しているので、私たちは申し訳ないと思っているので、离れがたいです。

心の海が潮を起こして、私はあなたを爱して、この世界のすべてを爱して、春风を爱しています。春风は告白の诗を书くことができて、花が好きで、花は最も人の気持ちを理解して、风雨が好きで、风雨の中に本当の爱があって、虹の夢は夜空にかかって星の目のように、眠っている人を見つめて、心配のない夢をあげることができて、眠らない人を見て、幻想的な星空をあげることができます。湖の静かさを爱して、鱼の记忆を爱して、すべての朝と夕方を好きになって、この世界の様々な异なって、このすべての変化を好きになって、爱はこのように本当で、毎分毎秒虚しくないこの生、人生の万古の梦を见て、目が覚めるのはすべて私の懐かしむ虚空です。

気分が落ち込んでいる时、夕暮れは云の中で何を描いたのか、一晩中思い切り推測することができて、もし星をからめて、火のように思って、また何段かの歳月を燃やすことができます。

詩のように歩き、行者路、いくつかの絡みに夢中になって、心の中でこんなに広くて、ただ歩行者の服が薄いだけです。

温情は水のように冷たい言叶を煮て、思い出の中で感働の歌を歌って、誰が酒と寂しさを持って、1杯の清茶と歳月を歓談することができます。  


Posted by ツカモト トモコ at 19:33Comments(0)

2020年09月02日

男性の20歳の誕生日に贈りたいプレゼント

大人の仲間入りをする、20歳の誕生日は人生の中でも大切で特別なバースデー。だからこそメッセージ入りや名前入りなど特別感のあるプレゼントが喜ばれています。ギフトモールには、おしゃれで素敵な名入れギフトがたくさん

1.カルバンクライン 時計

CALVIN KLEIN(カルバンクライン)の腕時計が入荷しました☆インデックスや目盛り、ブランドロゴのカラーコントラストがスタイリッシュなデザイン。日付表示窓や3針を備えた実用的アイテムです。飽きが来ず、毎日のスタイルにも取り入れて頂けます。

2.SIDECAR キーケース

ダンヒルで長年継続されているコレクション、「サイドカー」のキーケースです。
キーフックが6つ、取外し可能なキーリングが1つ、ポケットが2つと、機能面も充実。
同ブランドらしい、シンプルで飾り気のない男らしいデザインが人気のアイテムです。

3.シュプリーム 偽物

2019年秋冬限定 超入手困難 LOUIS VUITTON x SUPREME ルイヴィトンスーパーコピー シュプリーム 偽物 二つ折 長財布 "ポルトフォイユ ブラザ" 赤×白 エピ M67719 新品
ブランド名 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)
商品名 ポルトフォイユ・ブラザ/Supremeコラボ
商品品番 M67719
カラー レッド
素材 エピ×シュプリーム
サイズ 約W19×H9.5cm
ポケット 財布用/札入×2/小銭入×1/カード用×16/その他×4
2017年秋冬、ルイヴィトンスーパーコピー メンズ アーティスティック・ディレクター キム・ジョーンズと Supremeの創立者 ジェームス・ジェビアの貴重なコラボレーション!収納性に優れ、実用的な財布「ポルトフォイユ・ブラザ」より人気ブランド「SUPREME」との幻のコラボアイテムが入荷いたしました!クレジットカード12枚、紙幣、名刺、チケットやレシートなどが収納できます。 小銭入れがありながらもすっきりとしたデザインでスタイリッシュにお持ちいただけます。フロント、バックにSupremeと型押しがしてあり、ひねりのあるデザインをお求め方は必見です!再販が予定されていないので、出会った時がチャンス!ファスナー開閉式小銭入れ:1 ポケット:5(紙幣用含む) カードポケット:16 斜めポケット  


Posted by ツカモト トモコ at 12:15Comments(1)

2020年08月03日

ペン先が長ければ春の川の水が流れる

一枚の黄葉が、葉脈の記憶を風で乾かした。 心の事になった苦くて白い花を出して、冷たい風の中で揺れて震えて、ため息の声の中でむせび泣いて落ちたピエタのすすり泣き、乱舞のこぼれ話。 雨を帯びた梨の花が庭いっぱいの春の色を浸し,宮壁の柳の葉が長い石と青土を美しく広げている。 新月の薄い雲を筆とし、空の下の短冊を紙とし、月の風を一首書き、墨を振って婉曲に書き込んでいる。 一河の長歌行船の云天に臨んで、一簾低く振り返ってまた目の中の情を眺めます。 流水芦笛、粉荷直立。

窓にもたれて月を潤し,藤の下の詩を軽く吟じた.。 薄紫色のしべ、濃い紫色の叶が、風に揺られて枕元の花びらを揺らしています。 軽い云が落ちて紫のさわやかな風に臨んで、いくつかの平仄の豊かな詩を回転して、横斜めにキンモクセイの香りをのびのびさせて、中ぼんやりとした青花傘をすくいます。 古い石橋、くすぶった黒い瓦、かまどの炊煙、オールを落とす水の音。 小さな町で相思の交响を指揮して、音符の下に1枚の深くて静かな烟雨の図。

一面の古鎮流年、硯一池ハスの花錦鯉、書尽五彩春光賦、雲南白理三塔風。 年越しの笙は音孔から花飾りの美しさが漂ってきて、竹の節の中で山を回って爱を求める赤い頭巾が跳ねています。 蒼山アール海のほとりの蝶は、一方の手に南から来た美しい女を、もう一方の手に北から帰ってきた壮漢を連れて、千年の桐柏の周りを舞っている。

1杯の煙雨の秋の色が,ぼんやりと水を流して軽く考えている。。 春の水は西へ行って石橋を冷やし,青い花の下の杏の花を苦しめ,白いシャツに月をかけて,誰を供養しているのか? 秋の夢がぼんやりしているうちに,過去の人が目を覚ました。 黄と白の秋菊の束を持って、ため息をついて橋のたもとに立って、月の光はいつ満月になるのかと聞いて、星はいつ明るいのかと聞いています。 花びらをちぎって風が吹いて、水に落ちて三秋を暖める。

西に沈んで月が沈み,夕日が暗くなった.。 多くの心配な時間、捨てがたい結末を残した。 多くの仕方のない愛、善悪がない。 多くの悲しい空白は、守れない。 たくさんの優しさを逃して、たくさんの遺憾を残しました。 運ばれた命の中で、風雨を兼ね、雲は薄く風は軽い。 執念の求索に、淡々とした笑顔。 月の光が彫られ,磨かれて最も香りのよいモクセイの木になっている。

春江は水が暖かく,ライラックの花が濃い. 一池の秋水の中で、船は歳月を支えて三峡を渡り、雲飛門は激流に突入する。 失うものは人生、得るものは善良さ。 傾城烟雨曳き時、一葉の小舟が苦渋を乗り越えて前進して、そこには春緑、夏朗、秋紅、真っ白があります。 そこには初恋、太阳、云霞、花があって、一面の人間四月天。

秦の時は風月夜光杯、漢の時は桃紅梨花白。 明け方の歌は和やかで調和がとれ、日月乾坤は春の暖かさと花の咲き方を作曲した。 昔の事を振り返って風は月を過ぎ,珠簾は夜の楼台に酔う。。 石橋青花一傘情、ペン先長流春江水……  


Posted by ツカモト トモコ at 15:55Comments(0)